トップ / 万が一の事故に備える

自転車の危険を回避する

万が一の事故に備える

事故に備えて保険加入

これまでご説明してきたように、自転車事故のリスクは決して低いものではありません。高額な賠償を伴う深刻な自転車事故はますます増える一方です。当たり前ですが人の命にかかわることですから、自転車事故であったとしても、賠償額は自動車事故と同等なのです。

また、事故が起きた場合の責任が「自転車走行」サイドにあると判定されることが多いと予想されることを考えれば、自動車同様に万一の場合に備え保険加入を検討しておくのが賢明です。もちろん自分だけでなく、相手に対しても保障があることが重要です。

すでに兵庫県では、全国初の「自転車保険の加入義務化」に踏み切りました。自転車の購入者には賠償保険加入を必須とし、自転車販売業者は損害賠償保険の加入の有無を確認する事を義務としました。保険加入が確認できなければ、保険に関する情報を提供の上で加入を勧めることになっています。

また、兵庫県交通安全協会は兵庫県独自の自転車保険「ひょうごのけんみん自転車保険」を創設しています。加入をしていなくても罰則対象となるまでは厳しくルール化されているわけではありませんが、各地で話題となり、自転車を走行する人達の安全意識を高めた意義はあるようです。

一方、車をお持ちのご家庭ならすでに何らかの車両保険に加入していることでしょう。特約で家族全員の個人賠償責任保険をカバーできていればOKです。確認してみてください。

もし車を持っていない=車両保険に入っていない、という方はぜひこの機会に、自転車保険やTSマーク付帯保険を検討してみてください。TSマーク付帯保険とは、自転車安全整備店で整備され、安全であると認められた場合に、貼付されるTSマークシールのことです。自転車の点検整備料金がそのままシール代となります。保険料無しで、一年に一回の自転車の点検・整備代のみで加入できます。自転車の所有者に限らず、その自転車を利用する家族・友人も補償してくれる安心なサービスなのです。

いかがでしょうか?繰り返しになりますが、自転車だと事故も軽微で済む、といった認識は全くの誤りです!自転車に乗る側になった場合も、歩行者側の場合も、両方の立場でリスクを認識し安全策を講じて置くことが必要です。